契約属性

契約属性

契約者は契約のタイプによって以下の三つのタイプに大別される。
原種(オリジナル) 強化(ブーステッド) 業(カルマ)

原種:生まれつき契約者である存在

ほぼすべての契約者がこれに属している。
契約者として経験を積み、星の命を吸収していくにつれ、契約は強まり代償も比例して強くなる。
力は安定しており、契約者として完成された属性
代償は一つ。


強化:薬と機械化という人為的手段で契約を行った存在

人工的な方法で疑似的に契約を行っている。
【契薬】という薬と【契約機】という機械使用して世界とパスを結び一時的な契約を行う。
薬の過剰摂取により、ごく瞬間的により強力な契約を引き出すことができる。
また継続的に薬を使用し続けることで、契約が深まり代償が強くなる。
代償は一つ。ただし使用していないときは力の強い人間であり、契約の力は使用できない。

  • 特殊能力

...



:複数の契約と代償を得た、異端の存在

生後に世界と契約を行った異端の契約者。
強化とは異なり、人為的な手法は用いていない。
彼らは他の契約属性と異なり、契約を自由に増やすことができる。
しかし代わりに代償が強くなるかまたは増える。
交わした契約の数だけ、体に刺青のような痣が増える。
異形とされ、契約者の中でも異端視されている。
代償は複数保持できる。

  • 特殊能力

...


  • 最終更新:2017-01-07 23:30:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード